top of page
検索
  • inoutworkscom

手土産も心から

出張でアーティスト一行と海外に行く際、羽田ないし成田空港では搭乗開始まで時間ができると、食事を済ませ、その後は現地で公演を主催してくれるプロモーター会社のスタッフに渡す手土産を購入するのがつねとなっている。あまり時間がないときは一瞬で選ぶのだが、比較的余裕があるときは、選択肢の多さに見入ってしまい、なかなか決めきれないことがある。昔から白い恋人が、最近ではじゃがポックルが人気なのだが、加えて東京ばななだ、抹茶菓子だ、ロイズのチョコポテトだ、と選択肢が増えている。せっかく渡すものだし美味しい方がいいが、でも毎回同じものだと飽きるしなあ、と自分勝手に思案を巡らせることがあり、その時間が無駄なような、でも渡す相手の喜ぶ顔を思い浮かべながら選んでいる時間は、至福なのではとも考える。でも結局選ぶのは、自分が食べたいと思うものだったりする。

なぜかお菓子のチョイスには自身があり、そう外さないと思うのだ。でも、たまに外すこともあり、恥ずかしい思いをしたことがある。香港のプロモーター会社の社長の顔を思い浮かべながら、今回はお酒を買っていこうと勝手に決め込んで、日本酒のそこそこ高い銘柄を購入していったのだが、現地の空港に着いて手土産だよ、と渡すとあまり嬉しくなさそうな表情。あれ、日本酒ダメだったのかなあ、と一人考えていると、傍にいたスタッフが、彼はアルコールを飲まないんだ、とこそっと僕に伝えてくれた。なるほど、そうか。最初からその辺の下調べしてこなかったのだ。迂闊だった。それ以降、相手の嗜好に充分対応できるように、お土産の選択肢を複数持参することにしている。誰かは甘いもの、他の誰かはお酒やしょっぱいもの。こう考えると、手土産を渡すのもひと仕事である。

閲覧数:14回0件のコメント

最新記事

すべて表示

日経クロストレンドへ寄稿しました

インドの音楽フェスと音楽産業について取材した記事が日経クロストレンドに投稿されましたので、興味ある方はご覧ください。 https://xtrend.nikkei.com/atcl/contents/watch/00013/02419/?i_cid=nbpnxr_index] https://xtrend.nikkei.com/atcl/contents/watch/00013/02420/

Raise A Suilenのアジアツアー全貌発表

バンド初の海外公演が台北と上海で3月に実施。上海2公演はすでにソールドアウト! https://bang-dream.com/events/ras-asiatour2024

Comments


bottom of page