top of page
検索
  • inoutworkscom

時差ボケ

時差ボケで苦しんだことはあるだろうか。アジアは1,2時間の時差だからまだいいが、欧米に行くとその時差から寝られない、眠いの狭間で苦しむことが多々ある。いっとき毎年夏にになるとイベントでパリに行っていた。だいたいが成田を昼前に発って、現地に夕方頃着く。飛行時間8時間で、食事は2回。機内である程度は寝たものの、頭はちょっとふらふら気味。空港から最寄りのホテルまで15分。チェックインして、ベッドにちょっと仰向けになる。と、そのまま寝入ってしまいそうだ。帯同したアーティストを連れて、近くのレストランに夕食へと向かう。スタッフの会話は、スマホの現地wi-fiに入れたかとか、日本は何時かという話題。僕は海外に行くと必ず機内で現地時間に腕時計を修正しておき、現地時間に自分をリセットしたら、日本の時間をすっかり忘れることにしている。さもないと、眠くなるよう自分を誘導しそうだからだ。スタッフの一人から「いま日本は深夜3時だわ。そりゃ眠いわ。ハハハ!」なんて聞かされると、事実を分かったうえで敢えて時間を無視しているのに、また事実に引き戻される、という最悪な事態になる。結局レストランを出たのが21時だから、日本時間は早朝5時。さあ、ここからはいかに眠るかだ。日本ではこれから朝で起床時間なのに、こっちはこれから就寝時間へと向かう。4泊6日くらいの出張だと、最終日にやっと体が現地時間に慣れてきた頃帰国してしまうので、帰国後また時差ボケの洗礼を受けることになる。聞いた話だと、時差ボケにならない方法は機内でなるべくアルコールやカフェインを摂らないこと、そして映画を観すぎず、睡眠を心掛けることらしい。機内食は出されたタイミングで食べるのがいいようだ。そうは言われても、やっぱり飲んじゃうよね、どっちも。欧州はまだマシで、辛いのはアメリカだと思う。12時間近い時差があって、ほぼ昼夜逆転なんだもの。そんなことを考えると、やはり僕にはアジアくらいの海外が合っているようだ。


閲覧数:19回0件のコメント

最新記事

すべて表示

日経クロストレンドへ寄稿しました

インドの音楽フェスと音楽産業について取材した記事が日経クロストレンドに投稿されましたので、興味ある方はご覧ください。 https://xtrend.nikkei.com/atcl/contents/watch/00013/02419/?i_cid=nbpnxr_index] https://xtrend.nikkei.com/atcl/contents/watch/00013/02420/

Raise A Suilenのアジアツアー全貌発表

バンド初の海外公演が台北と上海で3月に実施。上海2公演はすでにソールドアウト! https://bang-dream.com/events/ras-asiatour2024

Comments


bottom of page