top of page
検索
  • inoutworkscom

riroxについて

ブログで語るのは初めてなので、敢えて詳細に記すことにする。本HPでも紹介しているよう、rirox(りろっくすと発音)は東京出身・在住の日本人女性シンガーソングライターだ。彼女に音楽とMVを通じて出会ったのはeggsというインディーズアーティストが集うサイトで、既に1年以上前の話だ。その頃は既に起業を考えていたタイミングで、音楽業界にいいるからには一度はマネジメントをやってみたいという意思もあり、最初はコンタクトメールで「初めまして」からのやりとりを本人と文通のようにほぼ毎日行っていたのだった。そして、満を持して対面することになったのだが、コロナ禍の2020年1月デビューしたにも拘わらず、コロナで塞ぎこんだ世の中を恨むような様子は微塵もなく、ただ音楽活動をすることがひたすら楽しいという雰囲気を全身から醸し出していたのを思い出す。                           

で、その時本人にも語ったかもしれないし、その前のメールでも伝えたと思うが、貴方の魅力は声と歌詞とメロディーですよ、と語ったのだ。加えればMVもだが、とにかく声と歌詞の絶妙なバランスに惹かれたのは間違いない。メロディーは『考えすぎた。』を聴いてもらえばわかるかもしれないが、こんなおっさんでもグッと心を捕らえられた懐かしさのある曲調だ。レコード会社の宣伝会議でよく「このアーティストは何十代をターゲットに狙うべき?」など議論が飛び交ったりする。でも、そんな議論は彼女には通用しなくていいんだと思っている。10代女子が聴いても、50代男性が聴いても共感できる歌ってあると思う。あいみょんはおそらく最近のアーティストではその類ではないか。そこにカテゴライズしてもいいのでは、とriroxには感じる。

先日本人が出演した「musicるTV」を観た人は何を感じたろうか。僕は、この番組のプロデューサーやディレクター、撮影スタッフの愛を感じた。それは本人からほとばしる優しさや真実、誠実さが人間臭さとなって周囲を取り込んだのだと思う。riroxの当面の目標はZepp東京でワンマンライブを実施することだ。残念ながらZepp東京はまもなく閉館するが、Zeppダイバーシティで実現できるよう、スタッフとして邁進したい。こんな赤裸々な言葉を書き連ねて本人が見たらどうしようとは思うが、それはそれだ。出会ってから約1年経過しての、僕なりの愛を込めたメッセージと取ってほしい。そしてみんなに愛されるアーティストになってほしいと心から願っている。明日からも頑張ろう!俺も頑張る。





閲覧数:38回0件のコメント

最新記事

すべて表示

日経クロストレンドへ寄稿しました

インドの音楽フェスと音楽産業について取材した記事が日経クロストレンドに投稿されましたので、興味ある方はご覧ください。 https://xtrend.nikkei.com/atcl/contents/watch/00013/02419/?i_cid=nbpnxr_index] https://xtrend.nikkei.com/atcl/contents/watch/00013/02420/

Raise A Suilenのアジアツアー全貌発表

バンド初の海外公演が台北と上海で3月に実施。上海2公演はすでにソールドアウト! https://bang-dream.com/events/ras-asiatour2024

Comments


bottom of page